高岡

最近楽しいと思える高岡のママ活

なんだかおなじみ。

露出したアメリカの写真です。

「これはタンクタンクトゥーンですか?」

 

https://www.nikukai.jp/toyama-mamakatsu/#heading2

 

「流れてゆくのはこれですか?」

高岡のママ活「うーん。ちなみに、踊るのは楽しいですか?」

「つまらない。すごくつまらない。スマホが欲しい」

「うーん、たくぼには時期尚早だと思うので、スマホはどうしますか?」

「スポンジボブを見る」

「意味がないのではないですか?」

私は仕事に行きました。高岡のママ活今日は何を食べたらいいですか?

ライバル? 』\

LINEは前職のジュニアから届きました。

どういうわけか女性の顔のイメージです。

私は答えた。

“知り合い?”

「はい、知っています。かわいいですね。」

「うーん、そうだね」

当たり障りのない返事をしました。

彼のガールフレンドかもしれないので、私は何も奇妙なことを言うことはできません。

それから彼は私に再びLINEを送った。

「テッテレ!実は直さんですよね?」高岡のママ活

「???」

あなたは何について話していますか

「おじいさんの画像があったので、女性に変身できるアプリで加工してみました!

最近そのようなアプリはありますか?

高岡のママ活よく見ると少し不快に見えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です