未分類

若いときは岐阜のセフレの世話をしていた

ボンボイ
知っている人は知っていると思います。

語源がボンボヤージュという造語のようです。
道中ご無事に!

旅行だけでなく、安全な生き方。
岐阜のセフレ

国立歴史民俗博物館

岐阜のセフレが行くときはいつでも、それが閉じるまでに

振り向くことができない。

ゆっくり見回しているからですか?

時間があるときに行きたいです。

近いといいのですが〜
私が若いときはいつも私と一緒に
遊んだ姉

私は一緒に働いていました
私の世話をしていた
5歳の姉

6年生の妹のために
友達と遊ぶときはいつも
私も岐阜のセフレと遊ぶ
お友達と楽しんでください。
遊べなかったと思います

私はいつも彼女の妹に頼っていました
岐阜のセフレの妹の背中だけ
追いかけていた

「姉が私をからかう」
「お姉さん、遊んで!」
「私には妹がいない」
「シスター、シスター…」

それは完全な姉妹コンプレックスでした

働く母親ではなくいつも親切
そして…叱る
暖かく抱きしめた

母の暖かさよりも妹の暖かさ
優しい手が好きでした

そんなお姉さんも大学短大に進学して卒業後
彼女は家を出て、わずか半年で就職しました
彼女は彼氏と両親を迎えに来た

お姉ちゃんが連れて行かれる…
彼女の頭の中のパニック
そうだった

花嫁はちょうど21歳になりました

私はその日当たりの良い外観を見ました
どういうわけか泣いていた
そうだった

数年が経ちました
2人の男の子が私の妹に生まれました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です