未分類

岐阜では目の前にドライブレコーダーが設置されている

さらに、岐阜で他の車両を停止するなどの重大な危険を引き起こした場合、「投獄」の判決が下されます。 5年以下または100万円以下の罰金」と暴力。スコアは35点で、もちろん免許が取り消され(失格期間3年)、非常に大きな罰金が科せられた。」(岐阜ジャーナリスト)

しかし、最近、法改正に伴い、低速走行で故意に人に嫌がらせをする、いわゆる「リバースロードレイジ」が横行している。

「目の前にドライブレコーダーが設置されているとは思いがちですが、最近は追い越し車線でドライブレコーダーを持っているドライバーが増えているので、追い越し車線をゆっくり走り続けています。カメラが向いているのでできません。何でもして、結局、追い越し車の連続で渋滞が発生することもありますが、追い越し車線を運転しているのが問題です。岐阜は「なに?安全運転の間違い?」傾斜運転の厳しい罰則が決定されて以来、このタイプのドライバーの数は急速に増加しているようです。」(上記のジャーナリスト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です