未分類

心配する言葉が岐阜では多すぎる

岐阜も感じました

「望まない生まれの不幸な猫」

「飼い主の迷惑にならない猫」

「望まない岐阜を作らないでください、それを作らないでください」

「将来的に飼い猫を排除するために」

「岐阜はあなたに一世代の人生を終えてほしい」

心配する言葉が多すぎる

猫が苦手な人の言葉ですか?
しかし、私が読んでいるのは保護された猫です
それは人間の文章です

不快に感じました

誰がそれを望んでいて、それを望まないのですか?
誰の便利?あなたは誰の言葉を見ていますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です