未分類

時々、岐阜で出会いがあり言葉を語る

(貝ではなく穴に住んでいる人もいます。)
非対称のkitで移動します。それは時々フェアで売られました。

警備では、オスのヤリカリがメスのヤリカリを貝でつかんで持ち運びます。岐阜で出会い
(…ただドラッグするように見えます)

卵から生まれたばかりのヤドリは、その親とはまったく異なる形をしており、ミジンコのように水中を漂います。これは「ゾエア幼虫」と呼ばれ、いくつかの脱皮が行われて親に少し近づきます。

恐ろしい昆虫だと思う岐阜で出会い
(松瀬緑)
桜の殻

桜木を拾う同行者岐阜で出会い
手のひらの桜
ちさきさまよう桜木ひろみ
海辺の窓に2つの桜の貝殻

季節の言葉は桜木(桜貝/桜がひ)みはる
子供の頃の言語は赤い貝、花の貝
小指の先ほどの大きさの小さな二枚貝。浜辺の桜の花びらのように漂います。その美しい美しさから、古代から詩に愛されてきました。」」

岐阜なら出会いはたくさんある。リアルからネットまで活用

桜狩り本体
(中田直子)
波の後の美と貝
(松本貴志)
妹が手のひらを開けたら
(小川もふろ)岐阜で出会い
桜木palm子のうすなり
(細見綾子)
桜木に手をかけるだけです
(志久角久)
片手から両手までの桜の殻
(中西友紀)岐阜で出会い
空が青すぎて桜木小春
(Aまどか)
爪を開く桜の爪
(日野グラスキャッスル)
桜木ビスコの箱に入っています
(五木なつき)
あなたはたくさん落ちる必要はありません岐阜で出会い
(高柳勝博)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です