未分類

岐阜では空を目指す

ですから、季節の言葉は羊ではなく、水羊です。
岐阜のきれいな目

空になるまで空を目指す

空中に浮かぶうつほの底

空中と地上で粘土の岐阜を待つ

空気からお香を満喫

岐阜で『土曜日の才能開花教育』が今年度より開始

季節の言葉は空気
幼年期の言葉はの殻、cocoの殻、の殻
岐阜の殻です。
もともと「化身」と「化身」、彼は人間を指します。
後に、「空の体」は、この空の体、魂の殻の反対の意味に変わりました。
これに「コラ」の甲羅のイメージが重ねられました。

空中に浮かぶ貝はすべての木にくっついていますが、魂が悲しむのは見ていません
(古い人と新しい人/未知の人のコレクション)

空に向かって歌おう
(清水和子)
誰も空中浮遊を知らない
(三橋高海)
空中での空中叫び
(A山)
女性の手で空っぽになるだけ
(西三木)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です